top of page
  • 執筆者の写真RIKAKO

寝耳に水の介護脱毛



"C様にとっての介護脱毛story"


介護脱毛という言葉を知ったのは

テレビでした。

その時はそんなことがあるのか〜と

思った。それだけ。


わたしはまだ介護なんて年でもないし

と、自分には関係ないと思っていた。


そんなある日、大学時代の友人と

久々に会うことになった。


50歳を過ぎると話題はいつも健康について。


名古屋市内でバリバリ働いている友人に

先日テレビで知った介護脱毛について

話してみると、

まだやってないの!?と、逆に驚かれた。


話を聞くと

シニアの為の脱毛だと思っていたのは

勘違いであったこと。

出来れば若いうちにやっておいた方がいいこと。

とても快適であるということ。


とはいえ、この年で脱毛かぁ。。。

と、恥ずかしい気持ちが出てくる。

そんな時に、インターネットでメリメリを知り

完全予約制で大人世代も入りやすそうな雰囲気に

ここなら行けるかも

と、思い、LINE@を登録し、予約。


C様にとっての介護脱毛は

寝耳に水💦🤣


はじめは

自分にとってまだ必要ないものという認識で

頭の片隅に追いやられていた言葉。

しかし、介護脱毛とは?を知ることによって

そのイメージはどんどん変わり

今ではもっと早くにやればよかった!

と、おっしゃっていただくほど。


介護される人の為の脱毛

ではなくて

現役世代が準備のためにする脱毛

なんですよね。☺️


🎂12/1より5周年キャンペーン中

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page